日本株下落に転じる、機械受注を嫌気した売り殺到で (

9月機械受注は1.9%減、7-9月8.4%減-10-12月見通し1.8%増(2)
 11月11日(ブルームバーグ):内閣府経済社会総合研究所が11日発表した9
月の機械受注統計によると、民間設備投資の先行指標とされる船舶・電力を除く民
需の受注額は、季節調整済み前月比1.9%減と2カ月ぶりにマイナスとなった。前年
同月と比べると5.0%増加。7-9月は前期比8.4%減と2期ぶりのマイナスとなっ
た。先行き10-12月は、前期比1.8%増と再びプラスに転じる見込み。
 9月は、製造業が前月比7.0%減少した。一般機械、精密機械、よう業・土石、
非鉄金属などが減少。一方、船舶・電力を除く非製造業は同1.8%増加した。
 ブルームバーグ・ニュースが事前に調査機関37社を対象に調査したところ、9
月の船舶・電力を除く民需の受注額は前月比1.0%増、前年同月比では8.1%増、7
-9月は前期比8.2%減が見込まれていた。

ブルームバーグ・ニュースが事前に調査機関37社を対象に調査したところ、9月の船舶・電力を除く民需の受注額は前月比1.0%増、前年同月比では8.1%増、7-9月は前期比8.2%減が見込まれていたと残念な結果に終わったようです、実際、失望売りも出ています、4─6月に2ケタの大幅増加となった反動が出たと見られているそうですが、GDPも控えていますので下げ幅も限定的でしょう
[PR]
by htdwge8g2000 | 2004-11-11 14:40
<< 東電、今期経常益過去最高の36... 大証相場操縦事件、元副理事長に... >>